エスニックジョークから解く日本人の購買心理

エスニックジョークというのをご存知でしょうか。これはある国の国民性を端的にあらわしたジョークのひとつで、風刺のきいたブラックジョークの一種です。

その中でも“沈没船ジョーク”というのは、様々な国の国民性をよくとらえていて、非常に納得感のあるものとなっています。

世界各国の人が乗った船が沈没しかけています。助かるためには、海に飛び込んでもらわないといけません。さて、船長が各国の乗客に言ったセリフは何でしょう?

アメリカ人には…

飛び込めば、あなたはヒーローですよ!」(英雄好き)

イタリア人には…

海で美女が泳いでますよ!」(女好き)

ドイツ人には…

規則ですので、海に飛び込んでください!」(規則好き)

フランス人には…

決して海には飛び込まないでください!」(天邪鬼)

日本人には…

みなさんもう飛び込みましたよ!」(同調志向)

思わず「なるほど~」と言ってしまいそうになりますよね。特に日本人は同調志向が強いといわれていて、これは心理学や経済学でいう「バンドワゴン効果」といいます。

家電量販店や本屋などに、「売れ行きベスト10」や「人気ランキング」などのコーナーがあることがありますが、あれはまさにバンドワゴン効果、つまり「多くの人が買っているもの」や「多くの人が良いと思っているもの」には安心感があり、“自分も欲しい”という心理が働くのです。

みなさん”や“多くの人が…”という言葉を使うと、やや無理があるセリフでも妙に納得させられてしまいます。例えば営業の現場で、「ご契約いただく“ほとんどのお客様”は、このオプションを付けていますよ。」といわれると、何となく付けないと不安になります。本当は、そんなオプションなくてもいいのに、「みんなが付けているなら自分もつけよう」と思ってしまうものなのです。

プランを3つ提示すると、真ん中(中間)のプランを選択しやすい、というゴルディロックス効果というものがあるのですが、これに付け加えて「“多くの方”がこちらのプラン(真ん中)を選んでいます」というと、さらに効果が期待できます。

自分で選んでいると思っていることも、実は「選ばされている」ことが多々あるのかもしれませんね…。