• TOP
  • メンバー
momomo Member Photo momomo Member Photo
momomo Member Photo 大輪の花のとなりに。

コンセプト考案:吉富 友希

きれいな花火をみるために、わたしたちは浴衣を着ます。自分に合った柄を選び、髪にかんざしを通し、はきなれていない下駄に足を通します。それは、花火をより一層美しくするための儀式です。終わってしまう物悲しさを、楽しかった思い出で塗りつぶすために、わたしたちは浴衣姿で空を見上げるのです。お客さまとお仕事をはじめるとき、そのお仕事の終わりは必ずやってきます。

終わったときに、楽しかったね。よい仕事ができたね。と胸を張っていうために、わたしたちは浴衣という「余分」を愛しむように、お客さまのご要望以外の「余分」なご提案や心遣いを、案外やりがいとして楽しんでいたりするのです。そんな「余分」も含めて、お客さまも私たちとのお仕事を楽しんでくれたらいいな、と思います。わたしの浴衣姿、似合っていませんか?

メンバーのひとたち