わにのシャスティン

オフィスにわにがいる…?!

突然ですがmomomoにはわにがいます。その名もシャスティン
momomo社内を自由に闊歩。営業部屋、デザイナー部屋、ディレクター部屋、リビング、好きなところに出現し、まったりのんびり気ままに過ごす住人です。

さて、そんなわにのシャスティンですが、元はと言えば冨樫の家の子でした。

思い返せば2年前、新オフィスに引っ越してほどなくのSPRING 2017 MEMBER PHOTOのときでした。普段眠るときの愛用品を持って来てくださいということで、電車に乗ってはるばるやって来たのがシャスティンです。元々オフィスにはナマケモノなども生息していたので割とすんなりと受け入れてもらうことができました。

オフィスが気に入ったシャスティン(ただ単に大きいので持ち帰るタイミングを失っていただけとも…)、1年半ほど冨樫の近くでひっそり過ごして来た訳ですが、急に転機が訪れます

シャスティンに訪れた転機とは…?!

それは吉富・山口メンバーの参入です。momomoに新たに参入した彼女たちに、シャスティンは熱烈にかわいがってもらうようになりました。わーい!

今までは冨樫のそばを離れなかったシャスティンの活動範囲がぐっと拡大!
時に会議に参加したり、電話番をしたり、グレたり、郵便を運んだり、友だちが出来たり、、、。
よかったねシャスティン

シャスティンのひみつ

ところでわににシャスティンと名前をつけたのは私です。なぜシャスティンという名前にしたのかというと、子どもの頃、それも本当に小さい幼稚園生ぐらいのときに好きだったお話を思い出して名付けたのです。どういう話かというと、おんなのこが川で小さなわにをひろってきて飼うのですが、水槽→たらい→おふろとだんだん大きくなって来て、ついにおふろより大きくなって泣く泣く川に戻してサヨナラするという、とても単純なお話です。なんか好きで覚えていたのでわにだったらシャスティン!と思って名付けて10年ぐらいは経つのですが、この間実家に帰省して読み返したところ衝撃の事実が発覚しました

シャスティン、わにじゃなくて女の子の名前だった…!
なんていうかごめんなさい、、、
これからもmomomoのわにさんことシャスティンをよろしくお願いいたします。