【ラーメン】そう、武道家が最強だ!

家系ラーメン、美味しい!
横浜家系ラーメンって皆さんご存知ですか。今や全国各地で食べられるようになった神奈川のご当地ラーメン、それが横浜家系(いえけい)です。

吉村家という超有名店を起源とする横浜家系は、既に多くのお店からなる系譜、様々なバリエーションがありますが、ざっくりとした特徴としては、

  • 家系の名前通り、「~家」(~や)という店舗名の最後に家という字がつく
  • スープは濃厚醤油とんこつ
  • 具にほうれん草・海苔が入っている
  • ライスと一緒に食べることが推奨される
  • 麺はもっちりとした中太~太麺、特に酒井製麺の物を使用する事が多い
  • 鶏油(チー油)がかかっている
  • 注文時に好みで麺の固さ、鶏油の量、スープの味の濃さを選べる

といったものが挙げられます。そんな家系の中でmomomoスタッフの心を捉えて離さないお店、それが武道家(ぶどうか)なのです。

武道家

横浜家系は、もちろん発祥の神奈川県に名店とされる店が多いのですが、一方で武道家は早稲田、中野、国分寺、成城学園前、吉祥寺、東陽町など都内各所に系列店を持っており、momomoスタッフは主に中野駅南口にある二代目武道家さんにお世話になっています。早稲田店は早稲田大学の学生に人気で、早稲田生のソウルフードなんて紹介されたりもしていますね。そうしてみると他店舗も学生が多い町にある気も…。

卓上調味料

その魅力は、お店に入ると聞こえてくる、店員さんの「(いらっしゃいま) っせーーーーい!!!」という元気の良い挨拶や、ご飯に合うキューちゃんっぽいお漬物、にんにくや生姜・胡麻などの豊富な卓上調味料など色々あるのですが、最大の魅力は何と言ってもスープの圧倒的な濃厚さでしょう。

卓上調味料

家系は基本的に醤油豚骨のこってりした味わいが特徴で、それゆえにスープとご飯との相性がいいのですが、武道家はそこから更に濃い。輪を掛けて濃い!豚骨の髄の味まで感じる超濃厚なうまさは、口に入れた瞬間、「ああこりゃ脳からドーパミンがドバドバ出ちゃってるな」と思わされるパンチ力があります。本家や直系の単なる模倣ではなく、家系は濃いからうまいんだ!と言わんばかりの力強さには心服させられると同時に、家系なのに店名の最後を【か】と読ます反骨精神から通底する心意気を感じます。かっこいいぜ!

全部のせ、麺硬め・味濃いめ・油多め

↑↑↑全部のせ、麺硬め・味濃いめ・油多め!↑↑↑

自分の好みは、更に濃厚にする「麺固め・味濃いめ・油多め。」味濃いめのしょっぱさを油が少し丸くして、味覚のレーダーチャートが最大面積になったかのようなバランスに。食べている途中で生姜を加えて、少しさっぱりした味わいにするのも最高です。スープを吸ったほうれん草をご飯と食べて、もっちりした麺を噛み締めて、またスープとご飯を食べて…。
普段、体重が気になってラーメンを控えていようとも、ついつい足を運んでしまう武道家。こってりラーメンが好きな方は是非足を運ん、っせーーーーい!!!