ネクタイが与える印象

当社のようなWeb制作会社やIT系企業なんかですと、髪型や服装は自由な会社が多く、またそれ以外の業界でもビシっとスーツを着て仕事をするのは営業マンくらいになっている会社も多いかもしれません。また、最近はスーツと言っても「ジャケパン」を着る方も多くいますから、いわゆるスーツにネクタイというビジネスマンのイメージは徐々に変わっているのかもしれません。

とはいえ、私は営業職でもありますから基本的に外出するときはスーツを着ています。夏場はジャケットを着ないことも多いのですが、ワイシャツだけだとちょっと違和感があるので、なるべく訪問直前にネクタイだけはするようにしています。結構ネクタイがあるのとないのでは印象が変わるんですよね。ネクタイの色や模様は様々ありますが、それぞれには意味というか与える印象の違いがあり、商談ごとに変えることもしばしばあります。

色彩心理効果

色が与える心理効果の違いです。これはネクタイだけではなく、様々なシーンで活用されています。

  • 赤   … 積極的・リーダーシップ・自信・情熱
  • 青   … 誠実・冷静・知的
  • 黄   … 親しみやすい・好奇心旺盛・明るい・元気
  • 緑   … 協調性・安心感・穏やか
  • ピンク … やさしさ・気配り・幸福感
  • 茶   … 堅実・信頼・落ち着き
  • オレンジ… 活発・陽気・社交的
  • 紫   … 華やか・高貴・芸術的
ネクタイが与える印象

ビジネスの場で使われる色と言えばこのあたりがメジャーかと思いますが、特に赤色のネクタイはアメリカのトランプ大統領のイメージが個人的には強いです。赤や青はビジネスの場でもよく見るネクタイの色で、商談によって使い分けている方も多いかと思います。個人的にも赤や青がメインですね。

柄によっても印象が変わる

柄にも色々な種類があり、それぞれで与える印象も変わるようです。

  • レジメンタル … 斜めに線が入っている定番の柄です。フレッシュな印象や、知的な印象を与えます。
  • 小紋柄    … 誠実な印象を与えます。柄が大きいとカジュアル、小さいとクラシックな印象になります。
  • ドット    … 爽やかな印象を与えます。春夏で着用すれば涼しげな印象を与えることができます。
  • チェック   … カジュアルで親しみやすい印象を与えます。
  • 無地     … あらゆるシーンで幅広く使うことができます。
  • ペイズリー  … 個性的な印象を与えます。カジュアルシーンにおすすめ。

(出典:customlife)

やっぱりスーツにはネクタイがあったほうがいい

スーツを着たらネクタイを締める。改めてそう思いました。やっぱり見た目的にあったほうがかっこいいですよね。相手にも「オシャレ」「ちゃんとしている」という印象を与えることもできますし損はないです。ただ慣れていないとちょっと締めるの面倒くさいんですよね…わかります。それでもかっこいいダンディな男になるためには!ということでスーツを着たら締めてしまっていきましょう!