使えるとオシャレ?な英語スラング集

歳のせいか、いわゆる若者言葉というものに触れる機会もなくなりました…。スラングとは俗語のことで、日本語で言えば「マジ」とか「めっちゃ」とかそういった言葉ですね。というわけで使えるとオシャレ(らしい)な英語のスラングをまとめました!

イケてる!カッコいい!という気持ちを表現するスラング

awsome:いいね!素晴らしい!
hot:カッコいい!セクシー!
cool:カッコいい!
super:イカしてる!
sweet:素敵!
sick:ヤバイ!(いい意味で)
bad:センスいい!渋い!
rad:イケてる!
dope:超カッコいい!

この類のスラング多いですね。調べれば調べるほどまだまだたくさん出てきます。こういう表現はやっぱり人気なんですね。

挨拶などで使用するスラング

What’s up?:最近どう?(タモリさん風)
Take care!:お疲れ様!またね!
See ya!:See youの砕けた表現
I’m off:もう行くよ
Peace out:じゃあな
Catch you later!:また後で!

おしゃれ~な感じがしますね。個人的には「Pease out」が好きです。いわれるとゾクゾクっときます。

質問に答える時に使用するスラング

I got it:わかったよ
a piece of cake:楽勝・たやすいよ
up to you:(あなたに)任せます
No way!:嫌だ!ありえない!
It depends:時と場合によります

微妙にスラングじゃないものもありますが、比較的カジュアルな言い回しで「お、英語知ってんな?」ってなりそうです。

せっかくなので日本の若者言葉も調査

調査

〇〇〇み:
「やばみ」とか「つらみ」という使い方で、気持ちを表現するそうです。

卍(まんじ):
「マジ卍」は聞いたことがあるぞ…。「調子に乗っている」「絆」という意味で使われるそうですがムズイです。

草:
よくネットで見ますね。「〇〇になってて草」という使い方をします。(笑w)という意味です。

すこ:
好きという意味です。「これすこ」「ほんとすこ」という使い方だそうです。

エモい:
英語の「emotional(感情の)」を略しています。切ないとかさみしい気持ちを表現するときに使います。

りょ:
了解の意味です。短すぎるだろ!わかるか!と言ってはいけません。そういえばオッケーも「おk」だったりします。

いかがでしたでしょうか。人間と同じように言葉も進化しています。メールやSNS等が主流なコミュニケーションツールとして使用されている現代ですから、新しい言葉やスラングはもっともっと増えていく気がします。「え、おじさん知らないの~?」と言われないよう気を付けます。